スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高いニジマス

本日は佐久漁協の千曲川サーモンカップに行ってきました。
前回の釣り大会同様、大きさによる勝負です。とはいえ、私は入賞のことは考えず数が釣れれば良しです。

6時30分過ぎ。
魚とよ前で受付を済ませ、いつもの佐久大橋下流のポイントへ。この時間はまだ場所は空いていました。
ここで、前大会で釣ったポイントに入るか溜まりのポイントに入るか迷っていると、ちょうど放流車が来ました。
前回釣ったポイントがやはり最後のようでした。
声をかけ、写真を撮らせていただきました。
PB010912.jpg
大型もいますが、今回はかなり少ないようです。
これをみて今回は下流の溜まりにすることに。こちらにはそれなりに放流したとおっしゃっていました。
PB010915.jpg
今回のポイントです。瀬尻からの流れ込みですが広いのでどうでしょうか?

ちなみに前大会で釣っていたポイントです。
PB010914.jpg
今日はこちらにも大勢。前大会で釣れていたからでしょう。
しかし今日は放流量が少なかったので一人一匹ぐらいになってしまいそうです。

8時になり大会スタート。
今日は一匹目がなかなか釣れず。辺りも同じようです。
20分ほどたち、私の下流で1,2匹釣れ出したところで私にも来ました。
前大会のポイントより広く流れも速い。その上、魚も元気がいいです。
暴れなくなったところで岸へ引きずりあげました。
PB010919.jpg
40cmはなさそうですがいい引きでした。

その後はぱったり。下流で忘れたころに釣れるだけ。やはり散ってしまったのかも。
11時に餌切れで終了。サーモンを使っていたのですが、暖かくなってしまったせいかすぐに身がちぎれてしまい、あっという間に終わってしまいました。
参加料が1000円なので、1000円の高級ニジマスになってしまいました(笑

計量の結果だけを見に本部へ。11時30分時点では63.5cmが最高でした。
そんなに大きなニジマスどうやって釣るのでしょうか?想像ができません。
PB010922.jpg
相変わらず、やなのところはすごい人です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お疲れ様でした。
前回釣れた場所の手前から3人目が私です。
私は帽子代が1000円でした。
左岸にいる人たちは全て7~8人のグループの群馬の御一行様です。
右岸の一人が地元の人。
私の所は全く竿が振れない状態で、オマツリの連続でした。
後から入ってきた人はもう少し間隔をあけてもらいたいものです。
ここであがったのは2匹のみです。
ここは2度と入りたくありません。
10時前に納竿しました。
放流の写真は、2度目の放流した時ですね。
たぶん当日より明日の方が釣れるのではないでしょうか。
放流量も少なくなっているような気がします。

Re: No title

>>佐久っ子さん
私のところもそうでしたが、下流側(写真に写っている方)に支障がないよう間隔をあけておいたのですが、開始間際に1人入ってしまいました。
この方、自分の仕掛けばかり気にしていて竿ををまったく見ていない。おかげで何度も竿をぶつけられました。もう少し周りを見て竿をだしてほしかったです。

放流の写真は2度目のでしたか。いずれにせよ今回のあの場所はやめて正解でした。
見た感じでもかなり込み合っていましたから。
佐久大橋の辺りはさっぱりのようでしたがやはりやなのところは釣れていますね。
数を上げること考えるとやなですが、隣の方との間隔を考えるとやはり嫌です。
やなのところもかなり残っていたので、チャンスかもしれませんね。がんばってください。
カウンター
あなたは
プロフィール

妖(よう)

Author:妖(よう)
長野県の佐久・南佐久地域の源流、本流に出没します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。